民泊・特区民泊申請は天王寺区の行政書士へ

電話番号電話番号
お問い合わせお問い合わせ
トップ 事務所概要 アクセス 料金 ご依頼の流れ お客様の声 お問い合わせ
トップ事務所概要アクセス
料金ご依頼の流れお客様の声

大阪・天王寺区の民泊のことは、
Wing堂ヶ芝行政書士事務所にお任せ下さい!

民泊

現在、訪日外国人が年々増えており、大阪や京都にお住いの方々は実感もあるのではないでしょうか?
訪日外国人旅行者は、観光庁の統計で現在3000万人を超え、10年前と比べるとなんと4倍近くにも
なっています。
これだけ増えている理由としては、アジア諸国の経済成長や格安航空会社の普及、日本のインバウンド
呼び込み施策などの複合的要因が挙げられますが、今後もこの流れは拡大していくとみられています。

こうした中、近年はホテルなどの宿泊施設の不足が顕著になっており、注目されているのが「宿泊用に
提供された個人宅の空き部屋やマンションの一室などを有料で貸し出すビジネス」である「民泊」です。
特に大阪市は日本でも数少ない旅館業法の適用が除外されたいわゆる「特区民泊」ができる地域であり、
元々人気が高かったため2016年の開始以来増え続け、現在では特区民泊認定の9割を占めるほどの
活況を呈しています。

これほどまでに活況な理由としては民泊をはじめるにあたって、
住宅宿泊事業法(民泊新法)による届出では年間180日までしか営業できなかったのが、特区民泊では
1年中営業可能であること、そして旅館業法による許可よりは要件が緩和されていることなどがあります。
弊所では、特区民泊の認定を中心に、民泊を始めようとされている方、新たに認定を取りたい方を
徹底的にサポート致しますのでお問い合わせください。

特区民泊申請書類と要件

特区民泊申請の必要書類は以下の通りです。

●申請書類(正・写)

●添付書類(正・写)

※日本語及び役務の提供において使用する外国語により作成されたもの
※大阪市HPより引用

申請にあたっては事前に近隣住民への事前説明等を行う必要があります。
また、保健所への申請手数料として別途21,200円が必要です。
そして、申請が認可されるためには以下のような様々な要件を満たす必要があります。


特区民泊申請の流れ

特区民泊申請(大阪市)のおおまかな流れは以下のようになります。

①関係各所(保健所、消防署など)への事前相談

②周辺住民への説明、消防設備の設置と消防署への申請(現地調査もあります)

③特定認定申請(約2週間で結果が出ます)

当事務所では、不動産、ファイナンシャルプランナーなどの知識を有する行政書士、
スタッフがあなたの民泊を総合的にサポート致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

業務内容
相続
遺言書作成
建設業許可申請
宅建業免許申請
飲食店営業許可申請
外国人ビザ
帰化・永住
生活保護申請
民泊
会社設立
車庫証明・運送業許可
契約書作成
補助金申請